Top > 相続税 > 養子縁組の相続はどうなっている?

養子縁組の相続はどうなっている?

養子というのは親子において血縁関係に無いものの、届出書を提出することにより血縁関係がある親子と同一の関係性になることです。

しかし、相続権の話が絡んでくると一気に事態は複雑化します。

   

事前の相続対策はこちらから

 


その理由は養子縁組に対して相続権が認められる事案は届出書を提出し受理した場合に限られるためです。
つまり、法律的に手続きが完了した場合でなければ効力が無いという事です。
そこで事前にトラブルを回避するためには連れ子と養父の関係に対して養子縁組を行い、養子に対しても相続権を与えておくという事です。
ただし、養子縁組が多すぎる場合は認められない事もある上に認められたとしても制限がかけられてしまう可能性もあります。
また、事態が複雑化した時には弁護士に頼る方法があることも認知しておきましょう。

相続税

関連エントリー
養子縁組の相続はどうなっている?
カテゴリー
更新履歴
気になるリバウンドしない方法とは(2018年7月18日)
利用しやすい無利息サービスを展開中の消費者金融に申し込んだら、利息は要らない(2018年6月30日)
ルテインとはどんな働きがある?眼球の抗酸化物質って本当?(2018年6月19日)
毛穴とメイクのクレンジングは違う?(2018年5月10日)
エイジングケア化粧品を使って頑張った結果が(2018年5月10日)